第3号被保険者の届出

第3号被保険者の未届の救済が始まってはや1年弱だが、どれくらい出ているものなのか。今回は多少レアなケースに遭遇した。
Aさんのご主人は50代で退職して大学に入った。ご子息の入学と同時であったかどうかは知らないが、すばらしいチャレンジ精神である。
退職は大学入学よりも先であった。退職後、Aさんのご主人は勤め先の健康保険を任意継続、失業給付の基本手当てを受け取り、国民年金に加入していたと思われる。大学に入って学生になったので国民年金は「学生納付特例」により猶予を申請、2年が経過した。
Aさんから相談があったのは、ご主人の任意継続が切れた最近である。Aさん自身は会社員なので、そこからご主人とご子息をAさんの扶養家族とし、同時にご主人を第3号被保険者とした。実はAさんは前々からそうできるのではないかと思っていたのだが、ご主人に意地があったようだ。
が、いったんそうなれば早いもの、いままでの所得のなかった期間も第3号となれないかという話になった。
この場合の手続きには、所得の証明(所得がないので「非課税証明書」ということになる)と世帯の住民票が必要である。さらに失業給付を受けていた間は第1号被保険者となるので、失業給付をいつまで受給していたかも明らかにする必要がある。雇用保険の受給者証があればそれでOKだが、なければハローワークに行って「雇用保険受給証明書」をもらってくる。これを第3号被保険者の届に添付して提出することになる。
余談だが、この添付書類について「ねんきんダイヤル」にかけてみたところ、そのような複雑なことにはお答えできませんだと。なんだかな〜。担当者により知識レベルに差があるに違いない。

第3号被保険者の届出” に対して3件のコメントがあります。

  1. 失業したら急いだ方が良い事【失業保険に頼らない!】

    こんにちは【失業保険に頼らない!脱サラ男の資産形成ブログ!】の青田です。失業したら失業保険を貰う。んですが、では具体的に行動はまずどうすれば良いのか?ただ離職したからと行って、その足でハローワーク行ってもダメです(笑)準備しなければいけないものがいくつ…

  2. 【退職】失業保険について

    ハローワークで失業給付を受け取るには?
    失業給付を受けるためには、過去1年間に給与支払の対象となった日が14日以上ある月が6ヶ月以上必要で、また積極的に働く意思と能力があり、適職の紹介にいつでも応じられるのに、就職できない失業状態にあることが条件….

  3. 失業保険

    失業保険、今は雇用保険と呼ばれていますが,昔はこの雇用保険の事を失業保険,と呼んでいました。
    またこの雇用保険のの基本手当ての事を,一般的には『失業保険』と呼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA