ストレスチェックの実施が義務化されます。  マイナンバー対応できていますか

h25careerup

 ※平成28年4月1日よりさらに拡充されました!

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む。以下「有期契約労働者等」という)の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。(厚生労働省HPより引用)

 

本年度から3つのコースに統合されました。(以下、リーフレットからの抜粋。詳細はリーフレット等をご覧ください。)

(1)有期契約労働者等の正規雇用等への転換等を助成する
「正社員化コース」

正規雇用等に転換または直接雇用(以下「転換等」といいます。)する制度を規定し、有期契約労働者等を正規雇用等に転換等した場合に助成

(1)有期→正規:1人当たり60万円
(2)有期→無期:1人当たり30万円
(3)無期→正規:1人当たり30万円
(4)有期→多様な正社員:1人当たり40万円
(5)無期→多様な正社員:1人当たり10万円
(4)多様な正社員→正規:1人当たり20万円a0001_011477

※助成額はすべて中小企業の場合です。
※35歳未満の労働者、母子家庭の母等を転換した場合は一人あたり10万円((1)のみ、他は5万円)の加算があります。
※派遣労働者を正規雇用労働者として直接雇用する場合、一人あたり30万円(多様な正社員への転換の場合は15万円)を加算。

 (2)有期契約労働者等に対する職業訓練を助成する
「人材育成コース」

a0001_011487有期契約労働者等に
・一般職業訓練(OFF-JT) または
・有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOFF-JT+OJTを組み合わせた3~6か月の職業訓練)を行った場合に助成

OFF-JT《1人当たり》
賃金助成:1時間当たり800円
経費助成:1人あたり、訓練時間数とコースにより10~50万円
OJT《1人当たり》
実施助成:1時間当たり800円

~申請の流れ~
キャリアアップ申請の流れ

(3)有期契約労働者等の賃金テーブルの改善を助成するなどの
「処遇改善コース」

a0001_011489(1)賃金テーブル改定
すべての有期契約労働者等の基本給の賃金テーブルを改定し、2%以上増額させた場合に助成
対象労働者数により、10万・20万・30万円
11人以上は1人当たり 3万円

※職務評価の手法の活用により処遇改善を実施した場合、1事業所あたり20万円上乗せ。

a0008_001880(2)共通処遇推進制度
a) 有期契約労働者等を対象とする「法定外の健康診断制度」を規定し、延べ4人以上実施した場合に助成    1事業所当たり40万円

b) 有期契約労働者等に関して正規雇用労働者と共通の職務等に応じた賃金テーブル等を作成し、適用した場合に助成 1事業所当たり60万円

(3)短時間労働者の労働時間延長

有期契約労働者等の週所定労働時間を25時間未満から30時間以上に延長し、社会保険を適用した場合に助成
1人当たり20万円

奨励金を活用するにはいくつかの要件があります

この制度を活用してみたい、興味がある、または「自分の会社は使えるものがあるんだろうか・・・」と思われた方も、お問い合わせください。

お気軽にお問い合わせくださいTEL : 052-881-0404 / FAX : 052-881-0440

 

なお、詳しい内容やリーフレットは厚生労働省のHPよりダウンロードしてみることができます。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

キャリアアップ助成金を含む、助成金が受けられるかのチェックはこちらへ。